FXでエントリーすると必ず逆方向に動いてしまうのはなぜ?

FXでエントリーすると必ず逆方向に動いてしまうという質問

FXを始めて1年経ちますがなかなか勝てない初心者です。
いつも不思議に思うのが買えば必ず下がるし、売れば上がることです。まるで誰かが背後から監視しているとしか思えません。試しに買いと思ったところで売ってみたりしましたが、やっぱり逆行しました。

しかも損切りした後に必ずと言っていいほど最初に思っていた方向に飛んいきます。こんなことの繰り返しでFXに疲れてきました。なんとかなりませんか?

FXの初心者にありがちなパターンです。決して誰かが監視しているわけではなく、間違ったマイルールや根拠のないエントリーにより起こる現象です。
スポンサードリンク

FXトレードではエントリー後の逆行は誰にでも起こりうる

FXトレードでは、エントリーした方向と逆に相場が動くことはどんなベテラントレーダーでも経験しています。

たとえどんなにテクニカルを駆使しながらチャートを凝視して、ここぞと思うタイミングでエントリーしてもエントリーした瞬間に逆方向に飛んでしまう現象に悩まされているのは、ほとんどのFXトレーダーの悩みと言ってもいいくらいです。

決して誰かがあなたの行動を監視していて、エントリーした直後にチャートを反対方向に動かしているわけではありません(中にはFX業者に抗議の電話をした人もいるようですが)。

逆行するのはあなた自身のメンタルや手法・マイルールの甘さが原因です。そのことを冷静に分析しない限りFXで儲けることは難しいと言えるでしょう。

スポンサードリンク

優位性のある手法を使い正しいマイルールを守りながら根拠のあるトレードをする

勘や雰囲気でトレードしていない限り、何らかの手法を使ってトレードをしていると思います。問題なのはあなたが使っているFXの手法に優位性があるのかです。

優位性のある手法とは継続してトレードを行っていった場合、トータルで見て儲かる手法ということです。もしあなたがFXの書籍やFX関連のサイトなどに記載されている手法を鵜呑みにしてトレードしてるのなら、トータルで儲けることはほぼ不可能でしょう。

正直、誰もが安易に入手できる情報で勝てるなら苦労はしません。勝ち組と言われているトレーダーでも手法を駆使していますが、長い時間を掛け、相場にお金を落としながら苦労して検証した結果、優位性を見いだすことに成功した手法を使いながら根拠を持ったトレードをしています。

もちろんエントリー後に逆行することもありますが、イメージと違った動きならすぐに損切りし、イメージ通りの展開になれば買いまたは売りの根拠が崩れるまで利益を伸ばしていくだけです。

*当サイトで検証しているMAスキャルピング手法のトレードルール【FX】は優位性があるルールですが、真似をするだけではトータルで勝つことは不可能です。研究を重ねたり自分に合うよう改良する必要があります。

果たしてFXにおけるあなたのマイルールは正しいのか
FXにおけるあなたのマイルールは正しいルールでしょうか?

FXの書籍やサイトには『マイルールをしっかり守りましょう!』などと書いてありますが、そもそもマイルール自体が相場に合っていなかったり、間違ったルールなら意味がありません。

マイルールは自分がトレードを行った結果、利益を得るために守っていくルールで、自分自身のトレードスタイルや手法などを加味しながら失敗と修正を重ねながら構築していくものです。誰かが作ったルールを真似して見たり、検証もせずに空想で考えたルールは正しいマイルールとは言えません。

毎日熱心にチャートを見ながらトレードを重ねて研究していけば自分に合った正しい手法とマイルールがきっと見つかるので諦めずに頑張ってみましょう!

DMMFXは業界最狭水準のスプレッド

DMMFXでは、業界最狭水準のスプレッドになっていて、取引可能な通貨ペアも20種類になります。

スプレッドも原則固定されていて、キャンペーン時にさらにスプレッドが狭くなることはあっても、広がることは滅多にありません。

そのため、デイトレーダーや短期トレードをする方にとって人気のFX取引業者になっています。

以下に記載してあるのが、スプレッドの一覧表になります。

「米ドル/円」=0.5銭
「ユーロ/円」=0.9銭
「英ポンド/円」=1.5銭
「豪ドル/円」=1.4銭
「NZドル/円」=2.0銭
「スイスフラン/円」=2.7銭
「カナダドル/円」=2.7銭
「南アフリカランド/円」=3.0銭
「ユーロ/米ドル」=0.7pips
「英ポンド/米ドル」=2.0pips
「豪ドル/米ドル」=2.0pips
「NZドル/米ドル」=2.0pips
「米ドル/スイスフラン」=1.8pips
「米ドル/カナダドル」=2.0pips
「ユーロ/英ポンド」=1.8pips
「ユーロ/豪ドル」=2.3pips
「ユーロ/NZドル」=2.9pips
「ユーロ/スイスフラン」=1.8pips
「英ポンド/豪ドル」=2.2pips
「英ポンド/スイスフラン」=2.9pips

以上がスプレッドになります。

キャンペーンなどをしているときには、ここからさらにスプレッドが狭くなることがありますので、業界No1のスプレッドの狭さとなります。

近年ではどんどんスプレッドが狭くなってきているので、そのうち「スプレッド0」というのも始まるかもしれませんね。

DMMFXのレバレッジは25倍に設定

DMMFXのレバレッジは25倍に設定されています。

そして、取引をする際にも、自動的に25倍のレバレッジが掛けられているので、取引をする際に必要な証拠金の額は総代金の4%となります。

DMMFXでは、最低取引通貨数が1万通貨になっているので、例えば、1ユーロ=100円のときに1万通貨の取引を行うと、レバレッジ1倍の状態だと、100万円が必要になります。

しかし、レバレッジ25倍が自動的に掛けられているので、必要な証拠金の額は100万円の4%となり、4万円あれば、取引ができるようになります。

4万円で100万円分の取引ができるようになるので、勘違いするかもしれませんが、実際には4万円しか口座の中に無いので、必要証拠金率は100%となります。

このパーセンテージは当日のクローズされた際に100%を切っていると、自動的にロスカットされてしまいます。

そのため、取引をする際には150%~200%ぐらいになるように、余裕を持って取引を行うのがベストだとされています。

そうすることで、急にロスカットされることも無く、相場に合わせた取引ができるようになりますし、冷静に相場を見渡すことができるようになります。

この余裕がなくなると、ちょっとした利益で確定させてしまったり、大きな損失になっていても、取り戻すことができないからずっと保有していたりと、悪循環に陥ることがありますので、注意してください。

通貨ペアの種類

DMMFXでは、20通貨ペアもの種類の取引が可能になっています。

 

取引可能なペアとしては、以下の20種類になります。

 

「米ドル/円」
「ユーロ/円」
「英ポンド/円」
「豪ドル/円」
「NZドル/円」
「スイスフラン/円」
「カナダドル/円」
「南アフリカランド/円」
「ユーロ/米ドル」
「英ポンド/米ドル」
「豪ドル/米ドル」
「NZドル/米ドル」
「米ドル/スイスフラン」
「米ドル/カナダドル」
「ユーロ/英ポンド」
「ユーロ/豪ドル」

「ユーロ/NZドル」
「ユーロ/スイスフラン」
「英ポンド/豪ドル」
「英ポンド/スイスフラン」

 

「円」「米ドル」「ユーロ」「英ポンド」の4つの通貨が主力の通貨ペアとなっていて、相互に取引ができるようになっているのが特徴です。

 

通貨ペアの種類も、日本国内の中では多い部類に属する20通貨ペアになっていますが、トルコリラやスウェーデンクローナなど、スワップポイントが重視される通貨がありませんので、スワップポイントを重視するなら、豪ドルか南アフリカランドということになります。

 

通貨ペアの数もそうですが、スプレッドの狭さや高水準のスワップポイントなどを見ても、総合力という部分では国内のFX取引業者の中でもかなり良い感じのFX取引業者となります。

業界最高水準のDMMFXのスワップポイント

DMMFXのスワップポイントは業界最高水準になっています。

 

また、ほとんどの通貨ペアで、買いスワップと売りスワップのポイントが同額になっているのも、人気の理由の一つです。

 

買いスワップポイント

「米ドル/円」=1円
「ユーロ/円」=1円
「英ポンド/円」=9円
「豪ドル/円」=77円
「NZドル/円」=32円
「スイスフラン/円」=1円
「カナダドル/円」=14円
「南アフリカランド/円」=11円
「ユーロ/米ドル」=1円
「英ポンド/米ドル」=13円
「豪ドル/米ドル」=66円
「NZドル/米ドル」=30円
「米ドル/スイスフラン」=3円
「米ドル/カナダドル」=-10円
「ユーロ/英ポンド」=-2円
「ユーロ/豪ドル」=-94円

「ユーロ/NZドル」=-51円
「ユーロ/スイスフラン」=3円
「英ポンド/豪ドル」=-102円
「英ポンド/スイスフラン」=18円

 

売りスワップポイント

「米ドル/円」=-1円
「ユーロ/円」=-1円
「英ポンド/円」=-9円
「豪ドル/円」=-77円
「NZドル/円」=-32円
「スイスフラン/円」=-1円
「カナダドル/円」=-14円
「南アフリカランド/円」=-11円
「ユーロ/米ドル」=-1円
「英ポンド/米ドル」=-13円
「豪ドル/米ドル」=-66円
「NZドル/米ドル」=-30円
「米ドル/スイスフラン」=-3円
「米ドル/カナダドル」=10円
「ユーロ/英ポンド」=2円
「ユーロ/豪ドル」=94円

「ユーロ/NZドル」=50円
「ユーロ/スイスフラン」=-3円
「英ポンド/豪ドル」=102円
「英ポンド/スイスフラン」=-18円

 

見ての通り、「ユーロ/NZドル」以外のスワップポイントに関しては、全て売りと買いのポイントが同じになっています。

 

FX取引業者の中にはマイナスの部分を大きく、プラスの部分を小さくするようなスワップポイントの配布が多くなっていますが、DMMFXは売りも買いもほとんど同じになっています。

「証拠金維持率」と「レバレッジを掛けていることによるマイナス」は気を付けよう

通貨ごとの証拠金の額というものは、1日ごとに微妙に変動します。

 

DMMFXでは常にレバレッジ25倍が掛けられていて、最低取引通貨数が1万通貨になっているので、通常、何十万~100万円以上の資金が必要な取引でも、数万円で取引することができます。

 

気をつけて欲しいのは、「証拠金維持率」と「レバレッジを掛けていることによるマイナス」です。

 

数万円で100万円以上の取引ができるので、勘違いしてしまいそうになりますが、あなたが取引をしているのは「1万通貨」という単位での話になります。

 

そのため、相場が0.1円動くだけでも、かなりの額になるということを覚えて置いてください。

 

昨年のスイスフランの暴落のように、2時間で7円近くも下がってしまえば、かなりの赤字か、大幅な利益のどちらかを得ることになります。リスク管理ももちろん大切ですが、ポジションを持っているときは、常に世界情勢に気を配ることが大切です。

 

1時間ほど目を離した隙にとんでもないことになっているというのは、FXの世界ではよくあることです。

 

強制決済をされないためにも、ある程度の資金を口座に入れてある状態で、取引をするように心がけてください。

 

それから、証拠金の額が毎日変わるというのは、極端な話をすると、1万通貨=100万円なら、4万円の証拠金になりますが、1万通貨=105万円になると、42000円の証拠金になるということです。

 

相場は毎日のように変動しているものなので、毎日証拠金の額が変わるようになります。

DMMFXでは手数料が一切かからない

DMMFXでは、手数料というものが一切かかりません。

 

口座開設の際にも、口座を維持するのも、入出金に関しても手数料が一切掛からないFX取引業者になっています。

 

唯一手数料と呼べるものがあるのなら、それは「スプレッド」になります。スプレッドも、業界最狭水準となっているので、どこを利用するよりも安い手数料ということになります。

 

例えば、「米ドル/円」の場合は、スプレッドが0.5銭となっているのですが、これは1万通貨の取引をしても、手数料が50円ということになります。米ドル/円のスプレッドはどの業者でも一番狭くなっているのですが、それでも0.7銭~1.0銭ぐらいが相場になっていて、スプレッドが広い業者だと2.0銭ということもあります

 

しかもDMMFXでは、頻繁に「限界のスプレッドに挑む」というようなキャンペーンをしていて、さらにスプレッドが狭くなります。

 

キャンペーン時には0.1銭以上スプレッドが狭くなることが多いので、0.4銭以下になります。そうなると、手数料換算では、1万通貨で40円の手数料になるので、比較的安くなっていて、デイトレーダーや、短期トレードをメインにしている投資家の人にはオススメのFX取引業者になっています。

DMMFXデモ口座の使い方

DMMFXのデモ口座では、「バーチャル取引」という名称で呼ばれています。

 

しかし、ほとんどの取引業者では、FXかCFDのどちらかでしかデモ口座を持つことができませんでしたが、DMMでは、FXもCFDもデモ口座があるので、実戦に移る前に色々と知ることができるようになります。

 

登録の際には、様々な項目を入力すればすぐに利用できるようになります。

 

まず、利用規約と個人情報保護方針について承諾をし、氏名、ニックネーム、生年月日、電話番号、メールアドレスの5項目に入力をすればすぐに利用開始することができます。

 

登録が完了すると、入力したメールアドレスにIDとパスワードが送られてくるので、それを、デモ口座のログイン画面に入力すれば、すぐに取引を開始することができます。

 

デモ口座であっても、実際のレートと同じように連動しているので、スワップポイントやスプレッドなども連動しています。そのため、自分の取引資金を設定して、その枠の中で取引を行うことで、良い練習になります。もちろん、「バーチャルではない」と思い込むことが大切です。

 

人間誰しも、身銭を切らない状態では多少大胆なことができるようになります。そのため、取引をする際には、「自分の資金だ」と強く思い込むことが大事になってきます。

 

そういうように思うことで、実際の取引と同じような気持ちでバーチャル取引ができるようになります。

DMMFXのログインについて

DMMでは、ログイン機能がDMMFXとDMMCFDで分かれています。同時に申し込みをすることもできますが、別々の通知書で届き、別々のIDとパスワードが記載されています。

 

ログインに使用するアカウントIDとパスワードはFXとCFDなら、パソコンやモバイル、スマートフォンなどを問わずに共通ですが、FX取引を行うためのIDやパスワードと、CFDを行うためのIDやパスワードは異なっていますので、注意してください。

 

また、DMMFXでは、ログインした後に、FXシステムを選べるようになっています。「シンプルモード」と「プロモード」があり、シンプルモードは固定されたチャートや、取引画面になっていますが、プロモードでは、自分でカスタマイズできるようになっているので、自分だけの取引画面というものを作ることができます。

 

ただし、少々重いので、低スペックPCなどを利用している場合には向いていないかもしれません。

 

慣れるとどちらでも楽ですが、プロモードではカスタマイズが出来て、一度カスタマイズしたものを保存できるので、次にログインしたときに、どこに何があるかを一目で分かるような配置にすることも可能です。

 

ログインの際に何回も続けて間違えると、ログイン画面がロックされてしまうので気をつけてください。

DMMFXの評判は?

DMMFXはインターネット業界のオンライン業務の中で1,2を争う規模を誇るシステムです。安定しているFXシステムとなっています。

 

さらに、業界の中でも最も狭いといわれるスプレッドは、デイトレーダー必須となっています。
デイトレーダーだけでなく、短期に取引を繰り返す投資家の間でも、人気のFX取引業者となっています。
短期での取引だけでなく、長期の取引に関しても、DMMFXは向いています。

 

DMMFXはスワップポイントも業界でトップクラスの水準となっているので、短期で取引をする方も、長期での保有が目的の方もオススメのFX取引業者になっています。

 

もちろん、手数料は一切かかりませんし、提携している金融機関も370もありますので、クイック入金はどの金融機関からでもすることができます。
DMMFXは取引システムも充実していて、2012年の5月にはiPhone版の取引ツールまで登場しました。

 

DMMFXの口座を開設する際に、CFDの口座も同時に開設することができるので、手間が無く非常に便利です。
また、キャンペーンも充実していて、新規口座開設キャンペーンについては、1年のうち半分以上の期間でキャンペーンを行っています。

 

さらに、元々狭いスプレッドなのに、「スプレッド最小キャンペーン」というものもよくやっています。
その期間中は、国内のFX取引業者の中でも、1番スプレッドが狭くなるというのは確信できますね。

 

少々スリッページが広いというのが気になるところですが、約定が弾かれることもありませんし、スプレッドが狭い業者はそれだけの金額が動くようになるので、多少のスリッページに関しては仕方が無いでしょう。

 

DMMFXでは、取引額に応じて「ポイント」が貯まっていきます。
このポイントは「1ポイント=1円」となっていて、1000ポイント以上が貯まると現金と交換できるようになります。
基本的に、1Lotあたりの取引額で、ポイントが付与されるようになっているので、取引をすればするほどポイントが貯まることになります。

 

さらに、キャンペーンの中には、取引額に応じてキャッシュバックがもらえるものもありますので、そういうイベントは利用して、どんどんプレゼントをもらうようにしてください。

 

DMMFXでは、「使いやすさ重視」のFX取引業者になっています。
そのため、チャートの見やすさや、取引ツールの使いやすさに関しては定評があります。

 

あなたも、まずはDMMFXで取引を開始してみませんか?
様々な特典があるので、オススメの業者となっています。

口座開設の手順

DMMFX口座開設サイトに飛びます

    1. 上記をクリックすると口座開設サイトに進みます。注意書きが表示されますが「サイトへ進む」をクリック

 

    1. 新規口座開設はこちらからをクリックし、お申込みフォームへ

 

    1. 契約締結前交付書面、各種重要事項の承諾にチェックを入れてユーザー情報を登録

 

    1. ユーザー登録は間違いのないようにしっかり入力しましょう。投資の目的や経験もそのまま素直に入力。出金時などに使用する銀行口座情報が必要なので、事前に用意しておきましょう。

 

    1. DMMFXは定期的に口座開設するとキャッシュバックキャンペーンをやっているので、資金の入金や新規取引を済ませましょう。10万円+数Lotの条件が多いです。

 

    1. 郵送・FAXまたは、メール添付にて運転免許証や保険証などの本人確認書類をDMMFXまで送ります。

 

  1. 本人確認書類を送信後、審査が行われ、不備がない限り登録が完了します。完了すると「口座開設手続き完了の案内」が登録した住所に送られてきます。IDやパスワードが記載されているのでそれに沿ってログインしましょう。

DMMFX評価

DMMFXは2010年の年間取引高で全FX取引業者中No1に輝いたFX取引業者です。

 

そしてその後も業績を伸ばし続けて、2011年度には世界中のFX取引業者の中でNo3の取引高になっています。業界No1の狭いスプレッドは、デイトレーダーにとって、開設しておかなければならない業者になっています。

 

スワップポイントに関しても「低い」ということはありません。高水準のスワップポイントになっているので、トレード派もスワップポイント派も、人気のFX取引業者になっています。

 

また、スワップポイントに関しては、「買いスワップポイント」と「売りスワップポイント」に差があって、マイナスの部分が大きくなっているFX取引業者が多いですが、DMMFXでは、買いも売りもスワップポイントが同額になっているので、トレードをするだけで、マイナスになったということがありません。

 

他にも、クイック入金ができる金融機関が370もあり、土日祝日でもすぐに利用が可能なので、近くの金融機関からすぐに入金することができます。これで、大事な取引のタイミングを逃す心配もありません。

 

DMMはFXやCFDなどの投資部門だけでなく、エンターテイナーとしての地位を確立しつつありますので、資本力が高く、様々なサービスができるようになっています。

 

そのおかげで、十分に還元された取引を行うことができるのが最大のメリットとなっています。