業界最高水準のDMMFXのスワップポイント

DMMFXのスワップポイントは業界最高水準になっています。

 

また、ほとんどの通貨ペアで、買いスワップと売りスワップのポイントが同額になっているのも、人気の理由の一つです。

 

買いスワップポイント

「米ドル/円」=1円
「ユーロ/円」=1円
「英ポンド/円」=9円
「豪ドル/円」=77円
「NZドル/円」=32円
「スイスフラン/円」=1円
「カナダドル/円」=14円
「南アフリカランド/円」=11円
「ユーロ/米ドル」=1円
「英ポンド/米ドル」=13円
「豪ドル/米ドル」=66円
「NZドル/米ドル」=30円
「米ドル/スイスフラン」=3円
「米ドル/カナダドル」=-10円
「ユーロ/英ポンド」=-2円
「ユーロ/豪ドル」=-94円

「ユーロ/NZドル」=-51円
「ユーロ/スイスフラン」=3円
「英ポンド/豪ドル」=-102円
「英ポンド/スイスフラン」=18円

 

売りスワップポイント

「米ドル/円」=-1円
「ユーロ/円」=-1円
「英ポンド/円」=-9円
「豪ドル/円」=-77円
「NZドル/円」=-32円
「スイスフラン/円」=-1円
「カナダドル/円」=-14円
「南アフリカランド/円」=-11円
「ユーロ/米ドル」=-1円
「英ポンド/米ドル」=-13円
「豪ドル/米ドル」=-66円
「NZドル/米ドル」=-30円
「米ドル/スイスフラン」=-3円
「米ドル/カナダドル」=10円
「ユーロ/英ポンド」=2円
「ユーロ/豪ドル」=94円

「ユーロ/NZドル」=50円
「ユーロ/スイスフラン」=-3円
「英ポンド/豪ドル」=102円
「英ポンド/スイスフラン」=-18円

 

見ての通り、「ユーロ/NZドル」以外のスワップポイントに関しては、全て売りと買いのポイントが同じになっています。

 

FX取引業者の中にはマイナスの部分を大きく、プラスの部分を小さくするようなスワップポイントの配布が多くなっていますが、DMMFXは売りも買いもほとんど同じになっています。

「証拠金維持率」と「レバレッジを掛けていることによるマイナス」は気を付けよう

通貨ごとの証拠金の額というものは、1日ごとに微妙に変動します。

 

DMMFXでは常にレバレッジ25倍が掛けられていて、最低取引通貨数が1万通貨になっているので、通常、何十万~100万円以上の資金が必要な取引でも、数万円で取引することができます。

 

気をつけて欲しいのは、「証拠金維持率」と「レバレッジを掛けていることによるマイナス」です。

 

数万円で100万円以上の取引ができるので、勘違いしてしまいそうになりますが、あなたが取引をしているのは「1万通貨」という単位での話になります。

 

そのため、相場が0.1円動くだけでも、かなりの額になるということを覚えて置いてください。

 

昨年のスイスフランの暴落のように、2時間で7円近くも下がってしまえば、かなりの赤字か、大幅な利益のどちらかを得ることになります。リスク管理ももちろん大切ですが、ポジションを持っているときは、常に世界情勢に気を配ることが大切です。

 

1時間ほど目を離した隙にとんでもないことになっているというのは、FXの世界ではよくあることです。

 

強制決済をされないためにも、ある程度の資金を口座に入れてある状態で、取引をするように心がけてください。

 

それから、証拠金の額が毎日変わるというのは、極端な話をすると、1万通貨=100万円なら、4万円の証拠金になりますが、1万通貨=105万円になると、42000円の証拠金になるということです。

 

相場は毎日のように変動しているものなので、毎日証拠金の額が変わるようになります。