343691本から算出した、ポンドドルのサヤの統計結果

皆さんこんばんわ。

昨日、一昨日と出番をFXボーイにとられ、

なんだか悶々とした2日間を過ごしていた、

さびしんぼメタバイザーです。

今日は343691本から算出した、ポンドドルのゴールデンオーバーレイのサヤの統計結果と、そこから導き出されるロジックの考察だ。
今回はポンドドルだが、ポンドドルとポンド円の相関係数は0.65とやや高めなので、

今回の考察はポンド円の戦略の参考にすることもできるはずだ。

もちろん、若干数値や時間帯は異なるかもしれないが。

今まで1分足のデータが揃わなかったのでこのような考察を行うことができなかったのだが、

やる夫とれーだぁーさんから良いデータを頂いたので、今回の考察を行うことができるようになった。

やる夫とれーだぁーさんに感謝だ!

これによって、

・サヤダッシュの優位性

・サヤの拡大を狙った順張りの方法。

・何故東京時間は勝率が高いのか。

・夜中の3時ごろから発揮する売買戦略とは

を分析して解ることができた。

最近ゴールデンオーバーレイの得意な相場に戻ってきたみたいだ。掲示板でも嬉しい報告を頂いている。

ただ今回の考察を見れば分ると思うが、レンジとトレンドの見極め法を使用すれば、どのような相場でも結構稼げるツールになり得ることが言えると思う。

それでは考察を始めよう。 ちなみに今回の考察は結構難しい。

ロジックだけ教えて欲しい!という方は、一番下のまとめだけみてくれればそれで構わないぞ。

研究熱心な方は、最後まで付き合ってくれれば幸いだ。

だて、ボーーーーーーーーーーーーーーーーーーブ!!

ボブアカデミア事務室の受付で、BOBという名前の方がいらっしゃいました。
これはひょっとして、僕の名前のパクリなのか?!
すこしずつ有名になってきたのが手に取るように分かる!毛の生えたFX初心者、BOBです!

メタ:いや、お前は全く有名じゃないから。

ボブ:何言ってんですか~!人気投票したら絶対僕が1位ですよ!

メタ:というか、最近カルピスの画像が消えてしまったんだ。キャラが減ってしまった。

ボブ:そういえばカルピスさんの画像がグラフになっていましたね・・・

メタ:グラフがかっこキラリを使っていたぞ。 笑

ボブ:早く戻してあげればいいじゃないですか~

メタ:今度はグラフをカルピスとして登場させようと思う。ククククククク

ボブ:先生!キャラがうつってますよ!

メタ:!!しまった!なんだ今の品のない笑い方は(キラリ)

ボブ:かっこキラリも出てきた・・・・!

メタ:う・・クク じゃない、さっさと講義を始めてこの記事を終了させるぞ!

343691本から算出した、ポンドドルのゴールデンオーバーレイの取引戦略とは
導入部が終わればもう安心だ。

気を取り直して講義を始めよう。

まずは統計解析結果のグラフを見て欲しい。
pondoenA.png
図1 ユーロを基軸としたポンドドルのゴールデンオーバーレイのサヤの開きが0~5の時の時間帯別分布グラフ

Pondodorub.png
図2 ユーロを基軸としたポンドドルのゴールデンオーバーレイのサヤの開きが40以上の時の時間帯別分布グラフ

POndodoruC.png
図3 ユーロを基軸としたポンドドルのゴールデンオーバーレイのサヤの開きの時間帯別分表

まず図1からわかることは、7時から15時までの時間はサヤが閉じる(=0になる)割合が非常に多いということだ。
16時ごろから閉じる割合が段々と減っていき、16時から21時まではサヤが0~5の状態の割合が20%くらいしかない。

このことから、7時~15時までは、サヤの閉じがクロスするまで決済を待つと言う投資行動は理に合った行為であるということが分る。

そして次に図2を見て欲しい。今度は、サヤが40以上になる状態の割合だ。
ここでも大体結論は同じで、6時~16時までは40以上になる割合が2%以下と大変少ない。
逆に18時~21時は40以上である割合が10%とだいぶ割合が多くなっている。

このことから考えても、7時から15時までの時間はサヤが閉じる方向に賭けても比較的安全であることが分る。
逆に、18時~21時では、サヤが0~5の状態が20%、サヤが40以上の状態が10%と余り変わらない。
しかも、40以上というのは、155くらいまでサヤが開くこともあるわけなので、この時間帯はサヤが閉じる方向にエントリーしない方が良いことがわかる。順張りでいくべきだ。

そして次だ。図3を見てみよう。
黄色の線は、エントリー基準であるサヤがその値以上になるのが20%以上でしかない時の境界線だ。

7時~15時 逆張りタイム
10以上のサヤである状態は20%、
そして20以上のサヤである状態は、7時を除いて平均6%となる。
10までたどり着けたサヤ君が20人いるとしたら、20以上にまでたどり着けるサヤ君は6人に減ってしまう。
ということは、6÷20=33%で、サヤが10になれば、20にまで進む可能性はおよそ3分の1になる。

更に、10までたどり着けたサヤ君が20人いるとしたら、30以上にまでたどり着けるサヤ君は平均2人にまで減ってしまうので、2÷20=10%。サヤが10の時に、30まで進む可能性は10分の1しかない。

なので、この時の戦略は10でエントリー、20でナンピン、30で損切りというのは比較的優位性の高い投資行動だ。

但し、30を過ぎたら損切りは行った方がいい。サヤがどこまで伸びるかは分からないからだ。

7時~15時の時間帯でも、ここ一年間で最高97まで広がったことがあった。

但し、15時の後半でサヤの値が10でエントリーするのは危険だ。

なぜなら、16時になるとサヤの値が15まで開く可能性が23%まで増えているかな。

この時間帯によるサヤの開く可能性のズレを利用すると戦略が見えてくる。

16時~21時 順張りタイム

ちょっと説明が分りづらいかもしれないが良く聞いてほしい。

まず、17時40分でサヤが5の時に順張り狙いでエントリーしたとしよう。

サヤが20になれば手仕舞いすると戦略を練ると、17~18時にサヤが20に届いている割合は23%だ。

しかし、これがなかなか20に届かないで18:00のゾーンにはいると、20に届いている割合が31%に跳ね上がる。

また、図1を見れば分るのだが、この時間帯はサヤの開きが5以下である時間の割合が20%くらいだ。

比較的5以下で入りやすい17時ごろを狙ってエントリーすれば、時間がたてばたつほどサヤの開きが大きくなる割合が増えていくので、この時間帯は順張りをお勧めする。

利益目標は黄色の枠内で囲んであるところを狙う。

つまり、17時なら20~25
18時なら25~30
19時なら25~30
20時なら30~35
21時なら30~35
で決済だ。

この時間帯にサヤの値が5以下のところに来たらラッキーだと思え。

21時~22時 逆張りタイム
21時~22時の間には35で逆張りエントリーし、20で決済だ。

22時~3時 休憩タイム
この時間帯はエントリーの優位性を見いだせないので、寝自宅を整えて寝よう。

3時~7時 逆張りタイム
3時に35以上のサヤの開きが発生していたら、15で手仕舞い、場合によっては閉じきったら決済だ。

まとめ

・順張りタイムと逆張りタイム、休憩タイムがある。

・7時~15時 逆張りタイム(ゴールデンオーバーレイの金色が上なら買い、下なら売りだ)
サヤが10でエントリー、20でナンピン、閉じたら決済。もし30になれば損切りだ。

・16時~21時 順張りタイム(ゴールデンオーバーレイの金色が上なら売り、下なら売りだ)
サヤの値が5(雰囲気を見て10)以下でエントリー。0になったら損切り。
17時なら20~25
18時なら25~30
19時なら25~30
20時なら30~35
21時なら30~35
で決済だ。

・21時~22時 逆張りタイム(ゴールデンオーバーレイの金色が上なら買い、下なら売りだ)
21時~22時の間には35で逆張りエントリーし、20で決済だ。損切りはサヤの値が43になったくらいでいいだろう。

・22時~3時 休憩タイム(この時間帯はエントリーの優位性を見いだせないので、寝自宅を整えて寝よう。)

・3時~7時 逆張りタイム(ゴールデンオーバーレイの金色が上なら買い、下なら売りだ)
3時に30以上のサヤの開きが発生していたら、15で手仕舞い、場合によっては閉じきったら決済だ。損切りは40。

今回は以上だ。これで、トレンドとレンジの見極め方の概念と同時に使うことができれば、
今日は順張りタイムで気合を入れるのか、逆張りタイムで気合を入れるのかを使い分けることができるぞ。
最も、ポンドドルのレンジとトレンドの見極め方の数値はまだ出していないが・・。

ボブ:???????うーんうーん。。

メタ:どうした?

ボブ:最近データばっかみててちょっと頭が痛くなってきました・・

メタ:いろいろ研究が進んでいるからな。なんたってここは、メタトレーダーアカデメイアだ。

ボブ:それはそうですけど・・たまにはソフトな話しもしましょうよ~

メタ:む・・・。そうだな・・。少しアンケートを取ってみるか。

ボブ:用意しておきました。どうぞこちらをクリックしてください。

メタ:今後の更新の参考にさせて頂くので

ボブ:ポチっとご協力してください!

メタ:それではまた会おう。次に書く記事は・・・

ボブ:貴方が選んだカテゴリーかもしれません!

メタ:それではまた会おう。

長くなってしまったが、最後まで読んでくれてどうもありがとう。

ユーロ円絡みとドル円絡みのオーバーレイチャートの違いとは

最近の順位が上がっていて、物凄く嬉しいメタバイザーです。
今朝確認したらなんと81位になっていた!
4日前は131位とかだったのだが・・131→101→96→81位と進んでいる。

このままいくと人気ブログランキングのトップページに混ざれるのではないかと、夜も眠れない。

本当にありがとう!
そうそう、人気ブログランキングといえば

人気ブログランキングの常連上位ブログ、FXブログ笑えるFXトレード日記内田塾  はメンタルを鍛える上で本当にお薦めのブログなので、一度は訪問すると良いと思う。 私はあそこで薦められている書籍をほぼすべて買っている。

さて今回は、時々寄せられる

ポンド絡みのドル円のオーバーレイチャートのサヤの開きと、
ユーロ絡みのドル円のオーバーレイチャートのサヤの開きはどう違うの?

という質問の回答を、グラフによってお答えしようと思う。

ボブ!

ボブ

ハイ!

メタ:呼んでみただけだ。今日はお前の出番はない。

ボブ:え・・・・・

メタ:さて、ボブをからかってすこし気分が良くなったところで、2つのドル円に関するオーバーレイチャートのグラフを見てみよう。

それはこちらだ。

データ範囲11月11日:7時~24時

EURJPYfast.png
ユーロドル、ユーロ円のオーバーレイチャートのサヤの動き

GBPJPYfast.png
ポンドドル、ポンド円のオーバーレイチャートのサヤの動き

データ範囲11月12日:0時~11時
EURJPYSEcon.png
ユーロドル、ユーロ円のオーバーレイチャートのサヤの動き

GBPJPYsecon.png
ポンドドル、ポンド円のオーバーレイチャートのサヤの動き

相関して動いているのが分ると思う。

今回の結果から考察できることは、

ポンドを基軸としたドル円のオーバーレイチャートのほうが、値動きが激しく動く。

ユーロを基軸としたドル円のオーバーレイチャートは比較的穏やかに値が動く。

このことから考察すると、

ポンドを基軸としたドル円のオーバーレイチャートのほうがエントリーチャンスが多く、

ユーロを基軸としたドル円のオーバーレイチャートのほうが安定した(勝率の高い)エントリーをすることができる。

と言うことができると思う。

イグジッドの判断はポンドを基軸としたドル円のオーバーレイチャートに従った方が早く利確ができる分優れている気がする。

もしもユーロを基軸としたドル円のゴールデンオーバーレイの判断でエントリーしても、
ポンドを基軸としたドル円のゴールデンオーバーレイではイグジッドを示す値になったのならば決済したほうが成績は良いと思う。

ただ、正直に話すと、情報は少ない方が良い

たとえば二つ使用して、二つとも使いこなそうとすると、恣意的な判断が加わりやすくなる。

そうすると、直近のトレードでは○○のようにすればよかったから、次は○○のようにしよう。

みたいな流れになる。

そうするとどうなるか。それは直近のトレードしか反映していない戦略なので、相場が直近のトレードと全く同じに動かない限りは利益に結び付かない。

戦略を複雑にし、限定すれば限定するほど力を発揮できる相場の値動きも限定されるということを頭に入れておいて欲しい。

そういった意味で勝つために大事なのはインディケーターの使い方や分析ではない。

勝つために大事なのは相場の一般的な傾向(アノマリー)と、それに合致した戦略をとることだ。

すこし話がずれてしまった気がするが、ドル円のゴールデンオーバーレイを二つ持っている人は、
まずは一つずつ使いこなしていった方が良いと思う。

そして、二つの違いが明確にわかり、短所、長所が理解できた時に初めて組み合わせて使うと、

より効果的な取引ができるようになるだろう。

近いうちにドル円のサヤの動きの日記も付けると思うので、ドル円のゴールデンオーバーレイを持っている人は楽しみにしていてほしい。

直近暫くは、ユーロ円のゴールデンオーバーレイを取り上げていこうと思っている。

おそらく、大多数の人が知りたいポンド円のサヤの値動きはできれば明日の昼までに取り上げるつもりなので、もしよければその時また訪問してほしい。

ゴールデンオーバーレイって何?って人はこちら(クリックするとリンク先に飛びます)を見て欲しい。

取引の報告等はメタバイザーの放課後でしていると仲間ができたみたいで少し楽しいと思う。

放課後に集まる人はみんな良い人なので、ちょっと書き込みを入れてくれれば暖かく迎え入れてくれるはずだ。

相場は基本的に一人でするものという原則はあるが、意見を言い合える仲間がいるとすこし気が楽になって、その結果取引の成績も向上すると思うので、何か疲れたり、上手くいかない日、上手くいった日は立ち寄ってみてくれ。

レスがつかなければ私が必ずレスするので安心してほしい。

私がブログを更新して、取引の考察が毎日できるのも皆のおかげだ。(取引の考察結果をだしてまとめるのは3時間くらいかかる時がある)本当に感謝している。

訪問してくれるだけでも嬉しい。これからも遊びに来てほしい。

長くなってしまったが、最後まで読んでくれてどうもありがとう。

ゴールデンオーバーレイ(GOR)とは

チャート画面に張り付くことなく、
論理的に優位性が証明されており、
シンプルで簡単に使うことができる手法、

それが次世代FXサヤ取り手法
「ゴールデンオーバーレイ(GOR)」
です。

GOR_screen.jpg

GORは異なる2通貨の値動きを参照する
サヤ取り手法となります。
サヤ取りについては以下の動画をご参照ください。

sayatori.jpg
(画像をクリックするとサヤ取りの
解説動画がはじまります。)

短時間でトレードが可能な手法となっておりますので、

ポジション保有による心理的負担が少ない
なかなか時間のとれない忙しい方でもトレード可能

といった特徴も持っております。

実際のトレードは、GORにて表示されるサヤの値から

サヤの値が○○になったらエントリー、
サヤの値が○○になったら利確

といった単純なルールに従って注文を行なう
ことになります。

サヤの値が一定値以上になったら、または
一定値以下になったらアラートを鳴らすことで、
音でサヤの値を知ることができますので、
チャート画面に張り付いている必要はございません。

実際にトレードしているところを
撮りましたのでご覧下さい。

GORは各通貨毎にご用意しておりますが、
まずはGORの無料体験版である
「TimingChartAlert」をお試しください。

こちらはポンド円用のGORとほぼ同じ機能を
有しており、ポンド円のGORトレードを
無料で行なうことが可能です。

TimingChartAlertはメールセミナー登録より
ゲットしてください。

WPにアメブロに記事を転載していきます

こんばんは、中山です。

この度はWPに拠点を移すことにしました。

 

此方の方でも情報発信していきますのでどうかブックマークをよろしくお願いします。